アウトローへの入り口 / キャリア壊滅隊の軌跡 第1回

どうも、キャリア壊滅隊の副隊長です。
いよいよ、アウトロー2015、秋の部の日程が出たみたいですね。

巷では秋風が吹いて涼しくなってきてるので、秋のアウトローに参加しようとしているみなさんに向けて、ここはひとつ、先輩風でも吹かせて、さらに肌寒くして(?)差し上げましょう。

冗談はさて置き、かねてより、昨年度のアウトロー2014に参加した方の、何名かにお会いする機会が数度あったのですが、その際、私も含め、メンバーが真っ先にする質問は、

「前回のアウトローはどうだったんですか?」

というものです。

おそらくですが、これからアウトローに参加しようと思っているみなさんも、

「夏のアウトローはどうだったんですか?」

って、聞きたくなるはずですよね?

そうですね、それじゃあお兄さんが説明しちゃるけん!
よく読むっちゃ!

で、「どうだったんですか?」って聞かれたら、

「いやー、もうめっちゃ楽しかったよ!」

っていうのが正直なところ、開口一番の回答です。

おっ、おう!
楽しかったか、良かったな!

となってしまわないように、個人的につけていた日記を紐解きながら、アウトローを通じてどんなことをしたのか、順を追って、連載形式で、少しずつ掲載していこうと思います。


アウトローとの出会い (2月ごろ)

今日もとりあえずネット見るか…と、やる気なくネットを巡回していると、こんな記事が目に留まりました。

「就活アウトロー採用」今年は41人に内定! 「コミュ障」受け入れるカオスな場を提供

リンクをたどり、アウトローの公式サイトを見てみると、
めっちゃ今ぼんやり考えてる不満がダイレクトに書き出されている!
これだ!
と、テンションが急上昇。
よし!応募!とエントリーフォームを見ると、
…とうの昔に締め切りを迎えていました。

そっ、そのうちまた開催するよね?
一抹の期待をこめながら、ひっそりとブックマークをして、ブラウザをそっと閉じたのでした。


エントリー (4月30日)

いつも通り、俺は一体何をしているんだろう…、とか悶々と考えながら、
そういえば前、アウトロー採用とかあったな…、ちょっと覗いてみるか、
と、例のサイトを覗いたら、うわ、説明会の日程入っているやん!

ということで、くもの糸にすがるように、早速5月14日の説明会にエントリーしたのでした。


メールが来ない! (5月11日)

この日まで自動返信以外のメールが来ず、俺は見捨てられた…と拗ねていたのですが、
納富さんからメールがきました!

登録したのに詳細こないよーと嘆いてる方、たぶん大丈夫です、ご安心を!


アウトロー説明会 (5月14日)

不安を抱えながら、17時半ごろに、目黒のHub Tokyoに到着します。
会場に着いたら、イス出しを手伝うのですが、すぐに終わり、なんとなく、落ち着かない雰囲気を出すのも嫌だったので、内心そわそわしていましたが、イスに座って参加者の様子を観察します。

説明会なのに所持品ビニール袋のみという、大変アバンギャルドなアウトローもいました。
(この人は、後日大変仲良くなるOくんでした。)

18時を少し過ぎて、プレゼンが開始されます。
俺たちは既存の就活が嫌でここにきたんだ!
という感じをみんなかもし出していたので(そんなことないかもしれませんが)、
もちろん自分も含め、誰もメモは取りません。
いや、よく考えてみると、メモしてる人もいました。

一通りプレゼンが終わると、適当にまわりの人たちとディスカッションしてくれと言われ、あーだこーだと話し合います。
そのあと、マイクを1グループずつまわしながら、グループごとに出た話題を発表していきます。

その中に1人、何言ってるかわかんないけど、とりあえずとんでもなくぶっ飛んでる、べらんめぇ口調の奇人がいました。
後のジュンくんです。
今だから言えますが、正直彼に対する個人的な第一印象は、決して良いものではありませんでした。

普段、誰かへの気持ちを特に日記に残す習慣はないのですが、このときだけはあまりにインパクトが大きすぎたのか、彼に対する感想として、

「今後やり取りすることへの重大な懸念」

という、物々しいメモが残されていました。

最後はうまいこと全体的にまとめられて、質問会になり20時には終了。
このあとみんなどうする?飲みに行っちゃう?という空気にもならず、即解散しました。
(誘われなかっただけかな…?)

そして良い意味での評価と、大丈夫かこれでという気持ちとを複雑に絡めあいながら、この日は目黒を後にしたのでした。

– つづく –

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 寺沢隆宏 より:

    記事の通り、全然会場がどこなのか連絡がなく心配しています。本当に来るのでしょうか。

    • 副隊長 より:

      どうも!
      私はこの場で前回に基づいたことを記しているだけなので、次回以降のアウトローについてはわかりません。

      ということで、心配であれば、再度公式フォーム、または何らかの他の手段を用いて、確認を取ると良いんではないでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です