アウトローは新時代への幕開け

image
お久しぶりです!
キャリア壊滅隊 隊長 桑原潤です(*^_^*)

私、桑原のアウトロー観について、ご説明致します。

まず、日本は戦後の経済成長の渦中で終身雇用や年功序列を導入して、新卒至上主義を定着させてしまったのが、原因で今日にいたるまで右へ倣えの就活制度が学生や若者が苦しんでいるのが現状です。

経済が低迷した現在でも、新卒採用が行われており、既存の制度では限界になっています。

この現状に対して、嫌気が刺したり、自分のパーソナリティが大事な若者が集結しているのが、「就活アウトロー」だと言うことです。

俺にとって、アウトローは年齢や性別、経験関係なく、乳児の状態から、突き進むものだと思っています。

フリーター、ニート、休学生、引きこもり、バックパッカー、ミュージシャン、ポスドク、ブラック企業退職者など、多種多様な方が参加されています。

就活アウトローは形態は存在せず、参加者が構築するものだと、俺は思っています。

俺が就活アウトローに参加した時は新時代の、幕開けを感じました。熱いアウトローがこれからの時代を引っ張り、社会や政治や経済やカルチャーなどを変化、尚且つ、進化させるような気がします。

今こそ、古びたシステムや風習を打破して、新たなる時代を切り開こうぜ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です